代表メッセージ

もうずいぶん昔の話ですが、私は新入社員の頃、上司から連日投げかけられるきついことばに苦しんでいました。

苦しくて苦しくて、ストレスを紛らわそうと食に走り、体重が10㎏増えました。

仕事への自信もまったく持てず、「この仕事には向いていない」と悩み続けました。

駅からの帰り道、ポロポロ泣きながら歩いたことも一度や二度ではありません。

 

その後、異動になり、私の心は徐々に回復し、仕事への自信をもてるようになりましたが、残念ながらその上司は、30代にして病気で亡くなりました。

 

私も苦しかったけれど、上司も苦しかったのでしょう。業務もマネジメントも思うようにいかず、自分を苦しめて追い込んで、病気になってしまったのだろうと思います。

船見 敏子(ふなみ としこ)

 

この経験が、私の今の活動の原点になっています。

私や、その上司のような思いをほかの人に抱かせたくない。

働く人たちには、笑顔で、幸せに働いてほしいと心から思うのです。

皆が笑顔で楽しく働く職場づくりをすれば、悲劇は生まれないはずです。

「幸せに働く」。これが、私のモットーです。

 

体だけでなく、心も、社会的にも満たされてはじめて、人は能力を発揮します。

社員が幸せに、ワクワク仕事できる組織は、結果的に業績を伸ばしています。

その状態をつくることを私は「幸福経営」と呼んでいます。それは、働き方改革の究極の目的のはずです。

「日本中に、笑顔があふれる幸せな職場を増やしたい」。

この思いを胸に、御社と社員の幸せをサポートします。

 

ハピネスワーキング代表取締役

船見 敏子