傾聴トレーニング

聴く力の高い、結果を出せる人材を育成

代表 船見 敏子
代表 船見 敏子

雑誌記者時代、私は著名人へのインタビューを数多くしていたのですが、うまく話を聴けず悩んでいました。

悩み続けたどり着いたのが、カウンセリングでした。カウンセリングを勉強したら、インタビューが上達すると考えたのです。

カウンセリグ講座で目の当たりにしたのは、深く聴くことで心に化学変化が起き、思ってもいなかった方向に心が転がっていくという事実。目からウロコでした。

「聴く」ことの意味、手法を学んだ私は、自分に何が欠けていたのかに気づき、少しずつ納得のいくインタビューができるようになっていきました。

 

「聴く」とは、相手が何を伝えようとしているのかを正確に聴き取りつつ、心に寄り添う力です。

自分の尺度で勝手に理解するのではなく、相手の枠組みに入っていき、思いを受け取るということです。

 

ビジネスで信頼関係を築くには、傾聴力が欠かせません。

自分のことを理解してくれる人に、人は心を開き、信頼します。

信頼される人こそが、結果を出せる人です。